でっかい世界の真ん中で
世界は丸くてでっかい。誰にとっても、自分がいる位置が、世界の中心だ
プロフィール

なかちょー

Author:なかちょー
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/31 あやべ風土祭りに行って来た
10月31日(日)、綾部市奥上林で開催された、「あやべ上林 風土祭り」に行ってきた。大変たくさんの参加者にびっくり。会場前の駐車場はすでに満車。さらに奥まで車で行き、マイクロバスで会場まで送迎してもらった。風土祭りの会場は、廃校となった奥上林小学校である。渡り廊下が空中を結ぶ木造校舎で、体育館や教室が会場となってる。

渡り廊下_convert_20101101000415

知っている顔も見られた。まぃまぃ堂のともちゃん、間伐材研究所の幹田さん、もちろん、主催者の岩崎さんご夫妻、きらり上林の斎藤典香さん。
綾部市志賀郷の田舎手作り三土市に出演していたザ・ファミリーが今回も出演されていた。会場に着いて、そばを注文した頃に、ステージが始まったので、早速ステージ前まで行った。
愛、平和を歌う親子5人によるバンド。娘さん2人は、姉妹ユニット、Ray&AmaとしてもCDを出している。
(10月16日の日記参照 http://nacacho.blog34.fc2.com/blog-entry-478.html)

ステージが終わってから、ブースに行って、8年前に出されたCDを買った。
帰りの車の中で聞いたが、8年前ということで、子どもたちの声が幼い。
成長した子どもたちが出演した今日のライブと比べて見ると面白い。
ザ・ファミリーのウェブ  http://5hp.jp/?id=thefamily
ザファミリー

行く途中は晴れていたのに、昼過ぎに外へ出たら、小雨が降っている。岩崎さんに挨拶して、早々に返った。
帰りに、ちょっと忘れ物を取りに、福知山へ。三岳せせらぎの家に寄って、冷蔵庫から保冷剤を出して、持って返った。10日の晩に入れたままにしてあった。
スポンサーサイト
10/29 京都文化塾例会に参加
10月29日(金)19時から、遊子庵(京都市中京区室町御池上がる)で開催された、京都文化塾ぷろだくしょん例会に参加した。
今回は、「河和田アートキャンプ」などのアートプロジェクトを企画運営されている、京都精華大学デザイン学部建築学科 准教授で、株式会社 応用芸術研究所 代表取締役 所長の、片木孝治先生がゲスト。
福井県鯖江市の河和田地区で、毎年夏の1か月、大学生が地域の方々と交流しながら、アートに挑むイベント。

平成16年(2004年)福井豪雨により、当地区も大きな被害を受けたことを受け、災害復興支援がきっかけとなって始まった。最初は、ゴミの調査ということで、現地に入ったそうだが、その後、こどもたちを元気にしようと、アートを使ってワークショップを始められた。

京都精華大学のほか、全国から150名を超える学生が、地区の古民家を借りて、夏休み1か月間泊まり込んで、里山や伝統文化を体験しながら、様々な創作活動に取り組んでいる。
参加者は参加費15,000円を払い、食費も別途支払って、参加しているそうである。
アートを作ることが里山の環境保全につながっているという。

河和田アートキャンプ2010ブログは、こちら  http://kawada10.jugem.jp/

今回の例会は、若い人が企画して、料理も準備してくれた。お疲れさまでした。ありがとう。
料理_convert_20101101000647

料理2_convert_20101101000723


10/27 ぞうの湯
10月27日(水)、ラーニングプレイス研究会 第二回ぞうの湯に参加した。主催は、株式会社リリオールと、NPO法人場とつながりラボhome's vi。組織をこえてお互いの経験や知識や抱えている悩みなどを持ち寄り探求しあうことで、それぞれの現場・個人のキャリア・人生観などに新しい視点を見出すような新しい場所を参加者と共に作っていくというもの。
普段出会えない人との出会い。ゆったりとした雰囲気の中で、少人数での対話。
参加者がやりたいこと、話したいことを書き出すことで、自分自身を表現していく。
ワールドカフェ、ストーリーテリングの手法を使って、参加者は、確実に新たな気付きを得たようだ。
素晴らしいスタッフの皆さんに感謝。また参加させていただきます。
10/24 亀岡祭り山鉾が駅前に集結
10月24日、朝から一日中、お祭り気分。
今日は、亀岡駅前に、亀岡祭りの山鉾が全機集結する。
8時過ぎに、難波山の設置されている場所に集合した。
朝から、鉾の飾り付けをして、いよいよ出発。
難波山3_convert_20101101000951


矢田町から新町、内丸町、北町の商店街を通る。緑橋交差点から駅前通りへ。電線が低く道路を渡っているところは、ゆっくり進み、屋根の上に登っている者が、うまいこと電線を上にあげて、通って行く。
駅前ロータリーに山鉾が並び、順番にお囃子演奏。
難波山_convert_20101101000850

難波山2_convert_20101101000920

しばらく休憩。そして、弁当が配られた。
今度は、逆方向へ進みだし、各町内に戻って行く。
少し小雨が降ったが、まあまあの天気だったのではないだろうか。

10/23 結婚祝賀パーティー
10月23日、茨木から向かったのは、わか・わかな結婚祝賀パーティーだ。
京都きずなサミットで一緒にスタッフとして関わった、若山くんが国定さんと学生結婚した。
二人の結婚をお祝いするため、六館堂に、たくさんの友人達が集まった。

茨木から向かったので、到着したのが19時。
プログラムを見ると、18時から結婚式をやってたようだ。
暖かく二人を見守る仲間たち。二人の未来に乾杯。末永い幸せを祈ります。
結婚パーティ_convert_20101101001025

結婚パーティ2_convert_20101101001055


10/22~23 JICA祭りに参加
ブログをあまり更新していなかったことに気付いた。
最近、ツイッターでつぶやいて、ブログに書かなくなっている。

ここで、時間を巻き戻して、この間の記録を。

10月22日(金)夜。ゆめっと京都の役員会であるが、職場から一旦家に戻り、電車で京都市内へ。
役員会は、19時から21時まで。今年の事業の報告と協議。
そして、来月の役員会の日程を決めて、12月の忘年会を決めた。
役員会終了後、六地蔵のBBさんの自宅へ。
そこには、青年海外協力隊OBOGの姿が…待っていました。
BBさん、O江さん、S根さんの他に、A立さん、I淵さん、H山さん、そしてスリランカ人も。
ビールと刺身などをよばれながら、交代で玉ねぎを炒める。
結局、4人がBBさん宅に泊まり、明朝、茨木に向けて出発。

10月23日(土)茨木にあるJICA大阪センターで開催されるJICA祭りに参加。
バングラカレー&グアテマラコーヒーのブース出店。
JICA祭り_convert_20101101002914


カレーは、昨晩から炒めた玉ねぎに、鶏肉、各種香辛料を加えて、O江シェフが作る。

ご飯の代わりに、ルティを焼く。全粒の小麦粉と水をこねたもので、発酵させずに、うすく伸ばして焼くもの。インドでは、チャパティと呼ばれる。最初はお客さんが少ないと思っていると、どんどん並んで来られる。
JICA祭り3_convert_20101101002939 JICA祭り2_convert_20101101002842


ルティが足らないと、スタッフは休む間もなく、せっせとこねて、伸ばした。
途中で、スタッフは交代できたので、他の国際協力活動の団体、グループのブースに行って、話をすることもできた。立命館大学のリッツブローも来ていた。

お天気に恵まれ、大盛況にて終了。こんな楽しいイベントに、スタッフとして参加できてよかった。
片付けを終えて、京都市内へ向かう。六地蔵まで送ってもらい、次は、清水二年坂の六館堂へ急いだ。

イベント情報10/31あやべ上林風土祭り
綾部市の上林も、好きな地区の一つです。
こんな手作りのイベントが開催されます。

------------------------------------------------------------------------
「あやべ上林風土祭り」

とき:2010年10月31日(日)10時~16時
会場:奥上林研修センター(旧・奥上林小学校 校舎・体育館)
主催:風土祭り実行委員会
後援:奥上林地域振興協議会・中上林地域振興協議会
協賛:きらり上林
※入場無料(駐車場100円)となっています。

(詳細はこちら)http://foodmatsuri.jimdo.com

「風土祭り」には、こんな想いがあります。

風:他の地域からやって来た人・物・食・風習・文化・音 etc…
土:地元で生まれた人・物・食・風習・文化・音 etc…

これらの風と土が合わさって、はじめて“風土”という文化が生まれます。
ここ上林でも、古くは聖徳太子の時代に光明寺が建立され、鎌倉時代には京都府北部では唯一の国宝 仁王門が建設されました。いずれも、風が運んで来たものです。

今の平成の時代にも、農業やものづくりという職(食)を求めて風(人)がやって来て土(地元の人・物・風習)に触れ新しい文化が生まれようとしています。

そんな風土が生まれる上林という土地に感謝して、年に一度“風と土”がお祭りをする運びとなりました。どうぞ、みなさん、この上林という土地に訪れて“風と土”を感じてみてください。

12/11 忘年会開催が決定
忘年会をひとつ決めた。
昨日の福知山での青年海外協力隊募集説明会に来ていたメンバーで、忘年会をやろうという話になり、
総務省の「地域おこし協力隊」で、上山地区に入って活動している今淵さんの家に行こうということになった。
9月の収穫祭でお会いして、一度上山地区に行きたいと思っていたので、丁度いいかなと思った。

12月11日(土)
京丹後市丹後町上山の築200年の古民家
鉄道の最寄り駅は、峰山。
参加希望者は、先着4名で乗車可能です。

地域おこし協力隊のWEBは、こちら
http://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/

今淵さんのブログは、こちら
http://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/blog/4017/

10/17 青年海外協力隊募集説明会in福知山
10月16日、綾部志賀郷の三土市に行った後、三岳せせらぎの家に行き、キムチ鍋をした。
17日は、14時から勤労者福祉会館で、青年海外協力隊募集説明会である。ニコニコプラザで、温泉に入り、焼き魚定食をいただき、会場へ向かう。
会場準備を終えて、スタッフは、和室でまったり。
参加者は、一向にやって来ない。
また空振りか。
IMG_6151_convert_20101018214808.jpg

IMG_6152_convert_20101018214848.jpg


10/16 綾部三土市
10月16日、第3土曜日に毎月開催されている、綾部市志賀郷田舎手作り三土市に行って来た。
前から気になっていたのだが、綾部で元気な地区である。
市街地から距離があるが、家が集まっている地域で、たくさんのテントが立っている。
お店の方に聞いてみると、今回が出店数最大だという。
可愛い女の子のブースをのぞいた。
家族で、バンドをやっているそうで、ライブは、終わったらしい。
THE FAMILY のホームページ http://5hp.jp/?id=thefamily

姉妹ユニット、Ray&AmaデビューCDを買って、サインをしてもらった。
三土市1


まぃまぃ堂のともちゃんのブースに寄って、コーヒーを注文して、メレンゲを買った。
他にも、黒谷和紙のブースや、野菜を売っているブースで話をしながら、お土産を買う。
皆さん、楽しみながらお店をされていた。志賀郷は元気だった。

三土市2

この後、せせらぎの家に行って、大掃除をした。
11/13(イベント告知) 渓谷道の復旧ボランティア
京都府からのお知らせメールを掲載します。

地域再生のきっかけづくり=都市農村交流の事業として、京都府が取り組んでいるさとボラのお知らせです。
若者の参加を熱望されています。予定が空いている人、ぜひ参加してください。

【以下が募集案内です】

里山保全活動と地域再生の取組の一環として、台風災害を受けた渓谷道の復旧ボランティアを募集しています。
主な作業は流木等の撤去です。
作業後には地元の方々との交流会もあります。

森林内での作業に興味がある方、災害復旧ボランティアに行こう、という方
山奥の小さな集落のお手伝いをしてみたい、という方
ふるって御参加ください!!

-------------------------------転送歓迎---------------------------------------------

日時:平成22年11月13日(土) 午前10時~午後4時頃
(雨天決行、雨天時は内容を変更します)

場所:京丹波町仏主地区 「権現谷渓谷道」
(京都駅八条口から送迎バスあり 無料)

集合:京都駅八条口 午前7時30分集合 又は現地集合

内容:台風災害を受けた渓谷道の復旧(主に流木や倒木の撤去)

参加費:1,000円(昼食・交流会・入浴料込み)

募集人数:20名(高校生以上)

持ち物:作業のできる服装(長袖、長ズボン、軍手、長靴)、

お茶、着替え、タオル、雨具

申込み:京都府南丹広域振興局地域づくり推進室(担当:辻)まで
メール又はFAXで11月1日までにお願いします。
FAX 0771-23-1790

お申込みいただいた方には、後日主催者より詳しいご案内をお送りします。

その他:傷害保険に加入しますが、加入保険以上の責任は負いかねます。

募集の詳細は下記チラシをご覧下さい。
http://www.pref.kyoto.jp/nantan/chiiki/resources/hodosu1113.pdf
9/29 城下町を考える会の交流会に参加した


少し前だが、こんな会に参加してきた。

まちづくり交流会「雛荒らしでまちに賑わいを」(城下町を考える会 主催)

9月29日(水) 午後7時半~9時頃まで
場所は、福知山商工会議所3階の会議室。

地域力再生メーリングリストで、滋野さんが流されていたイベントであり、まぃまぃ堂のともちゃんのブログでも紹介されていて、おもしろそうだったので、仕事終わりに、福知山まで行ってきた。

「ふくちの春は雛荒らし」というのは、毎年「城下町を考える会」が旧暦のおひな祭り(3月末~4月始め)にあわせて開催しているイベントで、福知山市内の店先にお雛様を展示してもらい、展示店舗のマップを作ったり、一箇所にお雛様を集め、音楽や手づくり工作をしている。

市民に呼びかけて、一段と賑やかな雛荒らしにしたいと、交流会を企画されたもの。
会場に着くと、たくさん来られており、まぃまぃ堂のともちゃんは、司会進行をしていた。
知った顔があったので、隣に座った。三岳でひょうたんといえば、伊藤さんである。
伊藤さんは、交流会で発表もされた。ひょうたんを作って、三岳を活性化された経験を話された。

三岳に集まるようになり、青年塾の事業で、伊藤さんに来てもらったことがある。
その御縁で、伊藤さんが仕留められた猪の肉を提供してもらい、毎年2月頃に、ししなべパーティを開催している。

3人の発表の後、4つのテーブルに分かれて、自己紹介や、自分たちの活動内容、課題などを話していたら、あっという間に時間を過ぎてしまった。
終わってから、皆さんと名刺交換をした。今回出会ったメンバーで、もっと福知山を面白くできたらいいと思う。
イベント情報(10/17)福知山城展望調査
てんてこまぃまぃ日記から転載します。何かスケールが大きいですね。
どうですか。参加したくなったでしょう。
16日の晩は、せせらぎの家で泊まって、青年海外協力隊OBの方々との懇親会に参加するというオプションも可能です。

【福知山城天守閣から・山や城跡から・目視できるか? 福知山城展望調査】

日 時) 平成 22年10月17日(日)8時~14時
場 所) 主会場  福知山城  副会場 別に指定する山・城跡
主催者等) 城下町を考える会 近畿測地�
      協力  成美大学(有志)、福知山市レク協(交渉中) 
          ちょこボラクラブ(交渉中)
参加対象) 年令、性別を問わないが、城・山野に出向ける方 


内容)
まずあらかじめ参加者は2つのグループに分かれます。
市民それぞれが、お殿様(士豪=地域の支配者)になった積もりで、それぞれの候補地に午前10時をめどに登っていただく。
準備ができたら天守閣へ携帯でその旨お知らせいただく。
天守閣から観測開始の合図をその山へお伝えするので、目印のものを掲げていただく。天守閣の人が視認したら、その山の観測は終了する。
これを順次行う。
全体を通じて観測の様子は携帯で随時お知らせするが、各山班は観測が終了次第、自由にしていただく。


持ち物) 天守閣班 望遠鏡など 方位磁石など
     各山班  望遠鏡など 目印(確認するための道具:サーチライト、携帯電話、反射板などを用意。ダンボール紙に銀紙かアルミホイルを貼る・懐中電灯・何らかの煙その他) 方位磁石など

服装などは各々必要な用意を各自でしていただく。
*山に出向く人は、山野を動ける服装で、タオル、雨具、弁当等必要なものを持参ください。


探索の候補地点(いづれも福知山城からの見て)

東方向> 高蓮寺城跡(川北)、愛宕神社(前田)、 高嶽(観音寺)
北方向> 猪崎城跡(猪崎)、鬼ケ城跡(猪崎)、荒河城跡(荒河)、大江山(北原)    
西方向> 和久城跡(茶臼山)、烏帽子山城跡(談)、姫髪山(奥野部)
南方面> 羽合城跡(羽合)、神南備山(荒木)

*茶臼山とは、あじくらの西側、KTR(北近畿丹後鉄道)の「厚中問屋駅」の西、山の上にスカイランドホテルのあるところです。
*姫髪山は、大文字の行われる山。大文字のところからお城を望むといいのですが。
*大江山は、かなり上まで車でいけますが、そこから歩いて40分ほど?が頂上だそうです。
*猪崎城跡とは、三段池の、池の西側の丘のあたり

案内してくれる地元の方と交渉中です。
登ったことのある山があれば、立候補していただけると助かります。


費用) 無料ですが、お城は入館料310円必要です。

注意) 危険の無いように、各自注意していただく。

参加申し込み) 当日現地参加歓迎ですが、できるだけ10月14日までに、下記までお知らせいただくとありがたいです。

氏名、年令、連絡先、電話番号、
・希望地点(福知山城か、城跡・山か)

福知山市駅前町30番地 22-8865(大谷 勇)又は
福知山市本堀14530 22-2737(中村邦夫)まで

または、メールで
城下町を考える会 藤田 fukuchi100*aroma.ocn.ne.jp(*を@に変換)

10/11 新米祭りに出店
10月11日、8時、せせらぎの家で目覚めた。
遅い朝食をとり、準備をして、いざ出発。

福知山三岳の里の駅、新米祭りの会場に到着。せせらぎの家からは車で数分。
今年は、スタッフが少ないので、焼き鳥オンリーとした。
N井さんの意見により、5本300円で販売。
K林ファミリーからは、K林さんとTくん、Tくんの友達の3名。
せせらぎの家に前日から泊まっていたのは、自分と、I上くん。
途中で、F上くんも来てくれた。
IMG_6132_convert_20101012222506.jpg

イベントは、いつものように、米、ひょうたん、その他野菜の総重量を当てるクイズ。
今回初めて、重さ当てで、入賞し、新米2kgをいただいた。

もう一つは、野菜15品のうち、決められた重さになるように、12品を選ぶ新しいクイズ。こちらは全然だめだった。
ジャンボおにぎりの早食い競争にも出場し、もう一歩というところで、Tくんに優勝をさらわれた。
参加賞をいただく。
餅つき、おにぎりの振る舞いなどがあり、最後は、ビンゴゲームで締めくくりとなる。
IMG_6136_convert_20101012222300.jpg

焼き鳥の売り上げはというと、イベント終了までに、完売となる。
売り上げ   17,400円
仕入れ     6,928円
実行委員会への参加費(売り上げの5%) 870円
差し引き  9,602円となり、1,600円ずつを6人で分けた。
バイト代をもらったのは、初めてというKさん。
今回も、たくさん新米をもらってよかったね。

新米祭り、雨が降らないで、本当によかった。
地域の祭りに毎回参加しており、顔も知れて来た。
地域以外から参加していて、自然に受け入れてくれる三岳の皆さんの暖かさの感謝します。

次の土曜日は、青年海外協力隊の募集説明会の決起大会を、せせらぎの家で開催するそうです。
2週続けて、行くことになるかも。


10/10 宇治から福知山へ
10月10日、リトリートセンターで目覚めた。さわやかな朝だった。
雨も上がり、京都キャンプ協会設立30周年記念式典が、なごやかに行われた。
自分も、会員歴10年から19年までの間で、表彰され、記念品を受け取った。
また、自己紹介して、昨日からの2日間の感想を発表する機会をいただいた。
懐かしいメンバーとの楽しい時間、そして、キャンプを愛する近畿の仲間との出会い。

昼食をいただいて、ふくちゃんを京都駅前まで送って、一旦、自宅に戻った。
着替えを積み込み、保冷剤をクーラーボックスに入れて、亀岡市内の業務スーパーで、焼き鳥を買う。
たれ付き もも肉 50本×3箱
たれなし もも肉 50本×2箱
 同   皮   50本×1箱

全部で、300本。これくらいが適当でした。

福知山に向かい、市内で炭を購入。
神戸から来た清吉くんと合流。夕食は、トマト&オニオンで。
せせらぎの家に着き、冷蔵庫の電気を入れて、肉を冷蔵庫に入れる。

但東町のシルク温泉に行く途中で、ガソリンが後わずかであることに気付いた。
非常にまずかった。近くに開いているスタンドもなかった。
風呂に入り、じっくり暖まるのも、そこそこに、JAFに電話して、給油を頼んだ。
30分以上待っただろうか。
ようやく来た車は、日高自動車。10リッターを給油してもらい、1300円を払う。
JAF会員は、燃料代を実費負担するだけ。会員になっていてよかったと思える瞬間だった。

安心して、三岳に戻るが、その途中にコンビにはなく、野花まで戻り、ファミリーマートで、つまみと、明日の朝食を買い込む。
せせらぎの家に戻り、ビールで乾杯。泡盛に切り替えた。
今回は、2人だけで、何とも寂しいもんだ。
19/9 久しぶりのキャンプ場
10月の三連休は、宇治と福知山で過ごした。
京都キャンプ協会30周年イベントが、宇治の京都YMCAリトリートセンターで開催された。
京都市ユースサービス協会から、出展ブースの手伝いを頼まれて、出かけて来た。
かつて、京都市青少年活動センターという施設が、京都駅前にあった。
そのセンター主催で、こどもを対象にしたキャンプ事業があり、ボランティアスタッフとして参加していた。
今回、当時のスタッフに手伝いの依頼があり、自分も何人か声をかけた。

10月9日、午後2時集合で、宇治まで行き、夕食の豚汁、ひじきごはんを皆で作る。
メンバーは、京都市ユースサービス協会職員2名と、自分ともう一人のスタッフ。
京都駅からのマイクロバスで、ふくちゃんがやって来た。

16時から、大阪、兵庫、滋賀の各キャンプ協会、宇治市野外活動協会、城陽の友愛の丘、花背山の家、ワイズメンズみやびの方々が、それぞれ飲食ブースを開いて、野外料理屋台村が始まる。
雨の中、キャンプ関係者が交流し、楽しくお酒を呑んだ。
2部は、食堂で、キャンプソング100選と題して、皆でキャンプソングを歌う。
懐かしい歌が続いた。

ともだちになるために
あなたが夜明けをつげる子どもたち
にじ

3部は、同じ場所で懇親交流会であるが、その前に寝る場所を確保。
お風呂に入ってから、懇親会場へ。焼酎に切り替えた。
皆さん、キャンプというキーワードで、いろんな活動をされている。
自分は、組織キャンプから遠ざかり、登山でのキャンプ、仲間とのキャンプが主になっている。
いずれにしても、自然とともに、寝泊まりし、自然を身近に感じるキャンプは素晴らしい。
10月2日 国際協力ステーション
京都駅の国際協力ステーションというイベントのスタッフをした。
京都海外協力協会のPRブースで、参加者に民族衣装を来ていただき、記念写真を撮ってプレゼントするというもの。
IMG_6075_convert_20101012223123.jpg

朝から、車にパソコン、プリンター、カメラを積み込み、京都駅まで行き、車は大石橋の少し南の駐車場に止めておいた。
会場に着くと、京都劇場の入口近くだった。テラルネッサンスのブースもあり、いつかゆめっと京都の事業に来てくれた栗田くんもいた。

会場では、参加者が各ブースを回ってもらえるように、クイズラリー用紙を配っていた。
自分も用紙をもらって、クイズに答えて、景品をもらった。トルコ製の飾り。
もう一つのクイズ用紙は、国際協力に関するもので、会場に設置された回答箱に入れておき、18時に正解/当選者を発表するらしい。賞品は、結構いいものらしいが、なかなか難しそうだった。

国民文化祭のピーアールキャラクター「まゆまろ」が登場。
IMG_6098_convert_20101012223554.jpg

昼休みはないので、交代で食事に行くことに。最初のグループに入り、京都劇場内のがんこ寿司店に行った。
食事中に、ふくちゃんが来てくれたが、食事を終えてブースに戻ると、ふくちゃんは帰った後だった。

17時30分から、大階段のステージで、青年海外協力隊OBで、吉本お笑い芸人のシューレスジョーさんのお笑いコーナーがあるというので、みんなで聞きに行った。
司会は、KBSアナウンサーのようで、女性は遠藤奈美さんだった。
ジョーさんの、ジンバブエに野球を教えていたというネタには笑えた。

お笑いコーナーの後に、国際協力に関するクイズの正解発表と景品当選者発表のコーナーがあった。何か当たる気がして残っていたら、名前を呼ばれた。「亀岡市からお越しのなかちょーさん」景品は、ステージに上がって、シューレスジョーさんから手渡しされた。
景品は、フェアトレード賞品だった。ウガンダのコーヒー、パレスチナのオリーブオイル、ベトナムのペンケース、フィリピンのメッセージカードなどなど、素敵なものばかり。
IMG_6123_convert_20101012222939.jpg



今日は、そらたね祭りと重なってた。さすがに今から行く体力がないので、おとなしく家に帰った。
おやすみなさい。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。