でっかい世界の真ん中で
世界は丸くてでっかい。誰にとっても、自分がいる位置が、世界の中心だ
プロフィール

Author:なかちょー
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇奈月へ
20091031174815
20091031174808
30日、職場の人、元職場の人、4人で、宇奈月温泉に来ている。金曜日は有休をもらった。
全線開通した「東海北陸自動車道」を通って来たが、紅葉真っ最中だった。このシーズンは、ここを通ることをお薦めする。

途中で、ICを出て、世界遺産、五箇山の合掌の里に寄った。
初めて行ったが、静かないいところだった。

夕方に宇奈月温泉に到着。温泉に入って、部屋で夕食を取る。
食後、久しぶりにホテルのカラオケで1時間歌った後、温泉街を歩いた。
夜の駅舎の雰囲気もいい。

31日は、朝から予約しておいた「黒部渓谷トロッコ列車」で欅平まで。こちらも紅葉が見頃だ。天気よすぎるね。
終点の駅で下車して、名剣温泉まで歩いた。
だいぶん前に、職場の仲間と、秘湯巡りの旅と称して、泊まりにきたことを思い出した。ここから、祖母谷温泉まで歩きたかったが、一般観光客は通行止めとなっていた。登山客は、事故責任において、ヘルメットを着けて行くようだ。そこから、さらに奥へ登っていくと、白馬連峰へつながっている。
スポンサーサイト
久しぶりのお結び庵
25日、Sちゃんの結婚式二次会に招待されて、行ってきた。自分のテーブルは、青年海外協力隊の経験者ばかり。あっちには、K協会のGさんの姿も。
いつも元気なSちゃん。優しそうな彼氏と結ばれて、本当におめでとう!!
終わってから、北部から出席のハービーさんとゴビンダさんと一緒に、お結び庵に泊まらせてもらった。
お結び庵のみんな、いつもありがとう(^-^)
丹後でキャンプ
雨が心配だったキャンプであったが、予想以上の盛り上がりであった。

10月17日(土)、亀岡駅で集合して、福知山へ向かい、途中、みわダッシュ村のメダカの池を見学。川の水が少ないため、パイプから池への水路に水が流れていなかった。とりあえず今回は状況を確認したのみだが、すぐに何とかしないといけないな。

福知山で愛犬ハービーさんと合流。2台の車で、京丹後市丹後町矢畑地区を目指す。
キャンプ場に着くと、ゴビンダさんが待っていた。
僕らが来るまでに、海で、アジとイカを釣っていたそうで、今晩のおかずが準備されていた。

京都府のふるさと共援活動として、地元の方々と一緒に集落整備活動を実施している立命館大学の教授と学生たちが来ており、公民館の下の林で、竹の伐採作業をしていた。
少しの時間だけ、伐採作業に加わった。学生は、男性2名、女性2名で、女性はそちらも中国からの留学生だった。
教授と学生たちは、夕食は町に出て食べるつもりだというので、我々の野外パーティーに誘った。
残りの学生は、夜になって到着するようだ。

これから温泉に行って、買い出しをするところだったので、一緒に行く事にした。
宇川温泉吉野の里に行って、温泉に入っていると、稲光が遠くで光っていると思うと、徐々に黒雲が近づき、やがて雨が…
しかたないので、公民館で鍋をすることにして、にしがきでキムチ鍋の材料、アルコールなどを買った。

公民館で、我々グループと立命館グループによる、鍋パーティが始まった。
8時過ぎから、地元から3名の参加があり、そのまま懇親会に流れ込んだ。
学生は、みな素直で、清々しい青年たちであった。
IMG_4392.jpg


翌日(18日)は、朝食の後、公民館に地元の方々が続々集まって来て、みんなで依遅ヶ尾山を登ることに。登山口には続々と車が集まる。挨拶があり、お茶やジュースを配っていただき、いざ出発。
IMG_4396.jpg


途中までは車が上がれる道で、以前採石場があり、ダンプカーが上り下りしていたそうだ。
「ありが棟」という茅葺きの小屋に到着。ここからが本当の登山道。
しんどいけど、秋の山登りは快適。山梨の実を拾いながら、登っていく。
ようやく着いた山頂では、360度の展望で、日本海には白い波が見え、東には経ヶ岬の自衛隊レーダー基地や碇高原の山々、太鼓山の風車などが見えた。
しばらくすると、依遅ヶ尾山祭りが始まり、お神酒、赤飯、お菓子が振る舞われた。
元区長の大江さんの挨拶の後、立命館大学の教授が学生達を紹介した。

下りの方がすべりやすいので、慎重に下っていった。
テント場に戻り、テントを撤収。片付けを終えて、公民館に寄って、大学の皆さんと別れた後、我々グループは、竹野海岸近くの古民家で、うどん御膳、オムライスをいただいた。
竹野漁港に車を駐めて、岸壁の大波を見に行った。ここの景色は絶景である。


今回の交流を機会に、これからも地域の方々や大学との交流を続けて行ければいいですね。

今度の土日は丹後でキャンプ
10月17日は、丹後でキャンプの予定。

キャンプ場は、ゴビンダさん手製の炭焼き窯があり、これまで2回、キャンプをしたところ。
そして、その地区は、京都府のふるさと共援活動として、立命館大学の学生が地元の方々とと協働して集落整備活動が実施されている京丹後市丹後町矢畑地区である。

夏には、ゆめっと京都とKOCAの共催事業でキャンプしたが、今回は大学生がやってくる作業日に合わせて、キャンプの日程を組んだ。

今のところ、17日の天気予報は雨マーク。天気が気になるが、野外パーティで盛り上がりたいと思っている。

泊まった翌日(18日)は、依遅ヶ尾山祭りがあり、みんなで山に登る予定。
新米祭りに行って来た
10月12日、今年も来ました、福知山三岳の新米祭り。
例年は、焼き鳥やフランクフルトを売ったりしているが、今年はフリースタッフとして参加。
といっても、ほとんどの時間は、食べたり、買い物したり、ゲームに参加したり。
焼き鳥ブースには、中井兄弟の姿が……
F1001005.jpg F1001006.jpg

イベントが終わって、まいまい堂のともちゃんに電話したら、綾部工業団地の中の交流プラザに出前出張しているので、ぜひ来てくださいと言われて、帰りに寄ってみた。
何となくこの辺かと車を走らせたが、標識も看板もなく、人に聞いてようやく到着。
安藤忠雄さん設計という不思議な建物の中に、素敵な空間が演出されている。
「木と石と紙展」が開催されていて、まいまい堂のカフェで、コーヒーをいただいた。
http://blogs.yahoo.co.jp/aaawtaaa/32939308.html


和知青少年山の家にて
10日、そらたね祭りの会場を後にして、和知まで行って来た。
京都府青少年和知山の家は、国道から大野ダムの方へ曲がり、さらに奥の谷を登って行ったところにあり、とても自然豊かな地区にある。
京都もやいなおしの会の集まりに泊まりがけで参加した。
14時に集合して、ミーティング。
いったん終了後、川から水を引き、水車で電気を起こして、獣除けの電柵に流している場所を見に行く。少し奥には、長老山への登山口があるみたい。
F1000766_20091012235423.jpg F1000770_20091012235432.jpg

再び、山の家に戻り、京都の文化を映像で記録する会の方と打ち合わせ。
夜は、鍋を囲んでの懇親会。鹿肉の刺身も美味であった。
F1001000.jpg

翌日、二日酔いのままで、かまど復活プロジェクトに参加。
山の家の正面に、かまどを作ろうという計画。
屋根が必要だということで、今回は、柱となる丸太の皮むきと、柱を立てる場所の穴掘り。
F1000999.jpg

次回は、コンクリートを練って、土木工事に挑戦。
F1000998.jpg


そらたね祭に行って来た
10日の午前中、先日取材した「そらたね祭り」が開催されたので、見に行って来た。
実行委員長に会うのは、今回で三回目。
北大路大宮から、笑顔あふれる商店街を北へ歩く。
朝から綺麗な青空だ。祭りのテーマソング、そらたね囃子が、通りに面したお店から流れてくる。まもなく、唯明寺に着く。
IMG_4346_20091012225451.jpg

唯明寺駐車場に、うどん、カレー、コーヒーなどの模擬店が並び、アーティストのブースが設けられている。一番奥に、段ボールで作られた3つの部屋がある。
子ども達が順番に入っていく。自分も入ってみた。
空に浮かぶ船の部屋。騙し絵の部屋。星空が見える部屋。
今日のために手作りしたブースは、とてもアートだった。
F1000761.jpg F1000781.jpgF1000757.jpg
F1000758.jpg



イラストが綺麗なポストカードを買った。気に入って、6枚も買ってしまった。
スマイルペインターというそうで、ホームページもあるので、紹介するね。
http://cha-ta.jp/

昼になって、カレーうどんを食べていると、パレードがやって来た。そらたね大パレード。踊りも素敵だ。商店街を北から進んできた。IMG_4356_20091011182128.jpg

そろそろ時間となったので、スタッフに挨拶して、失礼した。
これから、和太鼓の演奏があるのだが、残念。
手作りの暖かいイベントだと思う。
3連休の予定
今度の連休は、こんな予定です。どこかで会える人もいるかと思います。
新米祭に参加してくれる人は、よろしくお願いします。

10月10日(土)
 10時から12時まで そらたね祭り(新大宮商店街)
 14時から16時まで 近畿自治体学会福知山大会に向けたミーティング(和知山の家)
 17時から      子ども映画祭第1回実行委員会(そのまま宿泊)

10月11日(日)
 朝から        和知山の家「かまど」作り

10月12日(月)
 朝から        三岳里の駅 新米祭り(スタッフ参加)
京都学生人間力大賞の最終選考会
10月8日、京都青年会議所が主催する「京都学生人間力大賞の最終選考会」に参加した。
京都学生会議所のオープン例会という位置づけで、たくさんの参加者が来られていた。
また、先日取材した、京都学生会議所のメンバーも含めて、去年の受賞者たちも来ていた。
年に一度の同窓会的な意味合いがあるのかもしれない。

選考会は、10人の学生が短い時間を工夫して、パワーポイントを使って発表。
書類審査を通過してきた者だけに、それぞれの活動は、ある程度の実績を有している。
審査結果は、11日に京都会館で発表される。
私塾一生一期一縁を取材した
少し前になるが、9月29日に、私塾一生一期一縁の福田くんを取材した。

私塾一生一期一縁とは、亀岡市に拠点を置き、地域の中の若者が教育を担っていこうと活動を始めたNPO塾。「人と人とのつながり」を学ぶ場として、私塾「一生一期一縁」を立ち上げたそうだ。
「地域」主体の塾ですから、家庭状況に関わらず、中学生、高校生であれば、誰でも毎週水曜日の勉強会を参加できる。
「何のために勉強するのか」を共に探しながら学業を充実させる。
また、季節に応じた交流会や大道芸の練習会もしている。
最後に、中高生の長期休暇を利用して旅へ出かける。旅は最高の刺激となり、親子それぞれの自立を促してくれる。

塾生からの参加費は取らずに、地域の大人からの寄付及び年会費で運営したいという。
同じ亀岡に住む彼の活動を応援している。

ホームページアドレス  http://www015.upp.so-net.ne.jp/ko1show1go1yen/

10月24日はJICAまつりへ
10月24日(土)に、JICAまつりが開催され、京都の青年海外協力隊のOBがブースを出店します。
手伝いを少ししながらイベントに参加されませんか?

--------------------
<JICA大阪 JICA祭り
~世界を身近に感じる日~ のお知らせ>

【JICAで遊ぼう!世界中の人・物・遊びが大集合!】

開発途上国は、貧困や戦争だけではありません。
JICA大阪では途上国をもっと楽しく知ってほしいという思いから、10月24日(土)にJICAまつりを開催します。
世界各国からたくさんの研修員が訪れるJICA大阪で、異国の文化を見て・触れて・聞いて・味わってみませんか?
実際に開発途上国から来ている人と交流したり、現地の遊びに挑戦できたり、エスニック料理を楽しめます。お子様連れのご家族や「国際協力」に関心のある学生、みなさんお気軽にご参加ください。

日時:2009年10月24日(土) 12時~16時
場所:JICA大阪(JR茨木駅[マイカル茨木]、モノレール阪大病院前駅からシャトルバスあり)
主催:JICA大阪
参加費:無料
内容:■世界各国からの研修員、地域の方によるミニライブ
■世界各国からの研修員と友達になろう!
■子供向けプログラム
■民族衣装試着コーナー
■世界の料理を味わうコーナー
■写真展「砂漠と情熱の国 モロッコ」
■世界まる見え隊員記
■金魚すくい・ヨーヨーつり・スーパーボールすくい等の縁日

詳細は、JICA大阪ホームページをご覧ください!
http://www.jica.go.jp/osaka/event/index.html#a1024-01
10月10日は、そらたね祭りへ
9月25日の夜、ゆめっと京都の活動交流事業で、そらたね祭り実行委員会を訪問してきた。

場所は、京都で一番長い商店街、新大宮商店街の中にある、そらたねスペース。
10月10日の「第7回そらたね祭り」まであとわずか。
イベント当日を迎えるまでは、忙しいけど、充実しているんだろうね。

そらたね祭りとは、老若男女問わず、お祭りに訪れる参加者一人ひとりが、”主役’になって楽しめる参加型のお祭り。
今年は、10月10日(土)、空を見る日&和太鼓の日に開催。テーマは「笑顔あふれる商店街」、思わず立ち止まって笑顔になれるようなイベントにしたいって。


10時10分スタートで、青空笑顔展、パレード、唯明寺ライブ、スタンプラリー「夢探しの冒険」、そらcafe、青空パフォーマンス、子どもコーナーなど、楽しい催しがいっぱいです。
どうぞ足を運んでみてください。

実行委員会の代表をしているTOMOくん。以前、ホームズビーのイベントで出会っていた。
今年のイベントの目玉は、 「青空笑顔展」。笑顔写真家かとうゆういち君が、商店街を一軒一軒訪問し、お仕事の様子、笑顔の写真を撮影し、お寺や商店街で展示します。

ホームページアドレス  http://kyoto.cool.ne.jp/soratane/



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。