でっかい世界の真ん中で
世界は丸くてでっかい。誰にとっても、自分がいる位置が、世界の中心だ
プロフィール

なかちょー

Author:なかちょー
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別れの日
今日31日は、年度末。
うちの学校からも2名の退職者があった。
府庁で退庁式があり、お見送りにいった。
去年は、天神川の桜並木も、かなり咲いていたが、今年はまだまだ。

これまでの職場で上司だった方々が多く退職された。
自分もいつかは、あの退職者の列の中に並ぶんだなと思った。
たくさんの職員が、いつかの自分を想像して、今日の退職者を見送ってただろう。

人は出会い、人は別れる。
毎年、この時期は、このような感慨にふけるんだね。

もう一つ、昨日伯父が亡くなった。
今日がお通夜。園部のいちたにというホールで、学校から数分のところ。
入院されていた病院で治療を続けていたが、薬石効なく、逝去された。

お通夜の席で、伯父との思い出を振り返った。
いつかは通る日。人は皆、こうやって別れていくんだな。
遠い昔のことを思い出して、涙が出て来た。
さようなら、伯父さん。

別れがあって、出会いがある。
明日は、きっといい日がくるよ。


スポンサーサイト
異動内示
我が社の人事異動の内示があった。


上司は退職。部下は転出。

当然、自分は異動なし。

今年は、もっと地域と結びついた活動を考えている。乞うご期待!
きずな交流会3回目の参加
20日の夜、きずな交流会に参加した。
六館堂の前、清水二寧坂は、花灯籠の開催中で、何じゃこりゃというくらいの人並み。
今回のゲストはスコッチくん。ネット上での「人と人との結びつき」を研究・開発していて、京都地域のSNSサイトの開発にも携わっている。
IT分野の最新の動向や展望などを話してくれた。

スコッチつながりで、福島県から車で延々とやってきたグループなど、関東からの参加者が多かった。以前の交流会に来ていた参加者も数名いた。福島組がお結び庵に泊まりに行くというので、そのまま行くことになり、たくさんの人がお結び庵に集まった。
ここから、新たなアクションが生まれたらいいな。
またまた帰るのが遅くなり、1時過ぎにタクシーで亀岡まで帰った。
災害ボランティアのNPOの総会
20日、総会に出席した。

総会終了後、新型インフルエンザに関する情報提供があった。
新型インフルエンザは、大流行すると大変な状態となる。備えを十分しないといけない。

続いて、事業継続についてのワークショップを行った。
自分が会社の総務部の社員であり、大地震が起こったと想定して、3時間後、6時間後、24時間後、72時間後に、誰がどこで何をどのようにすべきかを考えた。
いっぱいやるべきことがあり、どれが優先してやればいいのか、あらかじめきめておかないといけないことがよくわかる。例えば、本社が壊れたり、社長や総務部長が対応できなくなることもあるので、代替手段を日頃から考えておく必要がある。
企業を対象に、半日の講座をやっており、事業継続計画を普及啓発しているそうだ。
計画は、それぞれの会社にあったものを作らないと意味がない。
行政では、業務継続計画という名前で、それぞれの自治体でも作成が進んでいる。
自分の職場でも、やってみたいワークショップだ。みんなの意識が変わるし、災害が起こるまでにしておくことが見えてくるだろう。
卒業式と役員会の日
今日は、うちの学校の卒業式。自分の仕事は、来賓を受付、接待であり、式が始まると、職員の席で式の進行を見守った。
生徒全員に、校長がそれぞれの出身中学の卒業証書を授与する。
旅立ちのとき。高校に進学する者、就職する者、生徒ひとりひとりが、それぞれの道を歩んでいく。元気でな。くじけるなよ。

式が終わって、本庁の課長を駅まで送ってから、自宅に帰った。
自治会の会計監査を受けるのに、この時間しかないと言われたので、仕方なく、仕事を一時抜けて、戻った訳で。書類や帳簿を点検してもらって、また職場に戻る。

今度は、ゆめっと事務局から電話があり、早めに来てほしいと言われて、早引きした。
7時から、ゆめっと京都の役員会だった。5時30分に事務局に着いて、事務局のSさんと打ち合わせ。6時前に終わり、7時までに時間があるので、府庁に行った。
SNSの日記で、NPOパートナーシップセンターで、京都古布保存会が、昭和の祝い着の展示をされていることを知っていたので、見に行ったのである。
とても綺麗な着物が展示されているので、近くに行かれたら、ぜひどうぞ。31日までやっているようだ。

隣の会議室では、府職員の勉強会が開催されていた。このSNSについての紹介がされるというので、部屋をのぞくと、けんしゅう、まーしぃの二人がいた。役員会と重なっているので、参加はできないため、ふたりに挨拶だけして、ゆめっと事務局のある西別館に戻った。

役員会は、今年度の事業の執行状況の確認、3月末に発行する広報誌の原稿の了承、サイクリング協会からのイベントへの対応などについて協議し、9時には終了した。


きらり上林
15日から1泊2日で綾部吉水に行ったが、きらり上林の事務所にも行って来た。
若杉さんとは、3時にきらり上林の事務所で待ち合せたが、少し遅れてしまった。
今回は、吉水の見学に来ていた、みやさんと一緒に訪問した。

奥上林の小学校、幼稚園の跡地を借りて、事務所とされている。
ホームページで見ていたが、予想を超えて、すばらしい施設だった。
古い校舎は、高台にあり、校舎と体育館とは、今にもくずれそうな渡り廊下でつながっている。

きらり上林は、都市と農村の交流と学びの場として会員を募り、地域の活性化につなげていこうとされている。
吉水が地域の方々と協力して、一緒に活動してくれることを願っておられた。
自分としては、中川さんと若杉さんに出会ったことが何らかの運命と思える。
吉水と地域がつながっていくために何ができるかを考えたい。

今年の事業のパンフレットをいただいた。
若杉友子おばあちゃんの「食と命と暮らしの講座」、これは、継続事業、人気のようだ。1日参加で、一般12,000円

田舎塾、これは21年度からの新規事業。日本の食文化にかかせない、米、大豆、小麦、そば等の種まきから収穫までを、きらり上林契約農家さんの田畑の手伝いを通して、農業を学び体験するもの。
参加費は、昼食費、保険代が込みで、2,000円と安い。

二つの事業が土曜日と日曜日に設定されており、宿泊希望者には、吉水を紹介されるという。

詳しいことが知りたい人は、きらり上林のホームページで。
http://kirarikanbayashi.web.fc2.com/index.html

綾部吉水その2
綾部吉水に行って来た報告その2である。
今回行った理由は、現地を見学することと、この場所にどのような関わりが出来るかを考えること。

もともと、このプロジェクトに関心を持ったのは、過疎化が進む地域に、農作業体験などを通じた地域活性化活動につながる拠点が、新たにできるのなら、その手伝いをしようと思ったからだ。
新聞に載っていた記事によると、「近くの農地で宿泊客の農業体験や、地元産の食材を使った料理の提供などを計画しており、地域の活性化が期待される。宿泊客には、高齢化が進む地域の農作業の手伝いやまき割り、ぞうきんがけなども希望により体験してもらう。料理は地元産の野菜や地鶏が中心。」とあった。

最初に、女将の中川さんにお会いした翌日、ゆめっと活動交流ミーティングで、きらり上林の若杉典加さんに会ったことで、余計にこのプロジェクトに想いを強く持つようになった。
以前の日記に書いているように、自分としては、上林の地域の人との交流が生まれて、地元の人たちが喜んでもらえるような施設になってほしいし、若杉友子おばあちゃんの野草料理を教わったり、周辺の里山歩き、間伐のお手伝い、畑や田んぼの作業ができたらいいかなと思っていた。

今回現地見学に行くにあたって、綾部でキーマンとなりそうな人たちにもお誘いをしていた。
竹炭を焼いている、やたさん、まなティさんのご夫妻、きらり上林の若杉典加さん、NEXTの四方源太郎さんさんである。みなさん、お忙しいところ、時間を作って、会いにきてくれた。

16日の朝。さわやかな目覚め。

やたさん、まなティさんに電話をかけると、11時頃には行けると言う。
女将さんには、11時まで出かけるのを待ってもらった。
朝食を食べてから、女将が、子どもたちの農家体験の場として使いたいという構想を話された。
テレビ局スタッフが、先にバスで帰られる。

やたさん、まなティさんが、綾部駅の近くから、吉水まで来てくれた。吉水でも、何度かイベントをされており、よくご存知であった。
近くに炭窯があるというので、案内していただいた。竹炭は、かぐや炭という名で販売されている。

少し遅れて、四方さんがこちらも、わざわざ吉水まで来ていただいた。
以前、料理旅館をされていた「かやのさと」には来られたことがあるらしい。
まーしぃとは初めての対面。

女将の友人、Sさんのご自宅を案内していただいた。中上林で、家を遊び場のように改造して、裏山に竹のブランコや、テラスを作っている。
道沿いに、国旗がはためいているので、すぐわかるはず。
天空のブランコは、ちょっとスリルがあり、気持ちいい。
近所の人からは、変わり者扱いされていると想像した。本人は、気にしていないだろう。
20090316120425.jpg 

お昼は、上八田町の「そばの花」という蕎麦屋。
十割そばは、売り切れていたので、二八そばをいただく。
薪ストーブが置いてあり、ご主人もおもしろい人。
20090316131026.jpg 

ここで、ゴビンダさんとはお別れ。帰りに、舞鶴とれとれセンターに寄るとか言ってた。
その後、Sさんと友人のNさんが作られている農園を案内していただいた。昨日食べた鹿肉は、ここの檻で捕まえたという。
つくしがいっぱい出ていたので、みんなで摘んだ。
20090316142331.jpg


そして、再び、上林に戻る。まーしぃは、女将たちの打ち合わせをするというので、みやさんと二人で、奥上林のきらり上林事務所へ向かった。

綾部吉水プロジェクトへ
15日、京町の行事に参加。梅が満開の天満宮で、定例の春祭り。
20090315131633.jpg

9時からお祭り。11時から自治会役員会、13時から施餓鬼供養があり、終わったのが、13時30分。ここから、綾部吉水モードに入った。

車で、奥上林に向かい、綾部温泉のところで右に入り、山里を走ると、モンゴルのパオが見えた。ここだよー
茅葺きの家と、パオのそばに見慣れた、ゴビンダさんたちが見えた。
屋敷の前には、鯉が泳ぐ池があり、気持ちいい庭で、キャンプができる。
20090315161907.jpg

朝から参加しているのは、くろちゃんグループ、まーしぃ、ふくちゃん。ゴビンダさんは、道に迷いながら、少し前に到着。みやさんは、バスターミナルから歩いてきたそうだ。
女将の取材をされている東京のテレビスタッフ3名も。

ふくちゃんは、月曜日に面接があるので、日帰り。バス停まで送って行くときに、綾部温泉まで地酒を買いにいった。
まずは、囲炉裏を囲んで、ビールを飲もうということになった。
うまそうでしょう。
綾部温泉に入ってから、山菜天ぷらと鹿肉の焼き肉を、ビールと地酒で味わった。
20090315174741.jpg 20090315195444.jpg 20090315195859.jpg




大起業市場に参加した
3月14日(土)、京大会館で開催された、大起業市場に参加した。
home's vi 主催のイベントであるが、事業の概要は、昨日の日記に書いている。

まーしぃからのメールで、終わってから打ち上げをやるというので、そのつもりで家を出た。つまり、車ではなく、電車に乗って京都市内に向かったわけ。

久しぶりに電車。最近、車ばかりの生活なので、JRに乗るのも新鮮。
円町で降りて、市バスで京阪丸太町まで。まちをブラブラした。
おしゃれなパスタ店を見つけたので、ここで、ランチ。
CAFFE DELL'ORSO(カフェデルオルソ)
東一条通り鞠小路の角を少し西に行った北側。
パスタの店
20090314123013.jpg

20090314120455.jpg
20090314121429.jpg


腹もいっぱいになったので、京大会館に行く。
受付で資料をもらい、名札を書いて、2階の会場に。
今回は、homes viから、ゲスト投資家として招待されての参加。一般投資家との違いは、最後に講評コメントを発表したこと。
今回参加した団体は、5団体。
プレゼンの前に、吉水の女将、中川さんのお話があった。
先日聞いたとおりで、過激な女将の話は、それはそれで心地よい。

参加した団体からのプレゼンがあり、次は1階で各団体のブースで質問をすることに。
若干の準備不足の団体もあったが、概ねおもしろく話ができた。
団体にとっては、今後の活動の参考になったと思う。

打ち上げは、六館堂。
始まるまでに時間があったので、ゲストの太田先生を先頭に、5人で歩いていった。
鴨川ベリを歩き、団栗橋のところで、東に入り、えびす神社の前を通り、八坂通りを登って行った。
13日から花灯籠がはじまっており、八坂の塔がライトアップされて、とても綺麗だ。
20090314181346.jpg
20090314181741.jpg



六館堂もリニューアルされていた。地下のカフェには、運河が流れていた。ちょっと危険状態である。誰かが間違って、溝にはまってしまうだろう。
打ち上げは、2階のスペースだったが、こちらもリニューアルされており、壁には、音羽物語新しいメニューが開発されていた。肉を使わないハンバーガーとか。明菜オーナーが逐一説明してくれた。
20090314182149.jpg
20090314192355.jpg

明日は、大起業市場です
明日、14日は、大起業市場。
おもしろい企画だと思うよ。どんな企画が出て、プレゼンをされるか楽しみ。
都合がつく人は、今からでも投資家として参加してほしいな。

手間社会貢献「あなたのチョットが、世界を変える」
今回のテーマは、ズバリ「お金の使い方」

日時 3月14日(土)13時(開場12時半~)~18時
会場 京大会館101号・210号 受付 2階
アクセス 市バス「京大正門前」下車
参加費 学生1000円、一般1500円
申込方法は、電話 075-205-1534 (担当:淺田)
メール info@homes-vi.com
件名【大起業市場参加申込】、
本文にお名前、所属、連絡先「パソコンアドレス」をご記入の上お申し込みください。

主催:NPO法人 場とつながりラボhome’s vi
共催:六館堂、京都学生会議所、オフィスブルーバード、 NPO法人 起業支援ネット、

皆さんが暮らしている地域がもっとイキイキするために、実はあなたができることがたくさんあります。ひとつの例が普段何気なく使っているお金です。そして実は、お金以外にも、色々とできることもだってあります。
今回の企画は「投資」を通じて、地域をほんの少し良くするために、チョットだけでも、自分が関われることがある、ということを、遊びながら学ぼうというイベントです"

◆プログラム
1 祇園・銀座にある「お宿吉水」の女将 中川誼美さんの講演会
2 地域をもっと良くしようと奮闘している社会起業家の活動発表とブース巡り
3 参加者による仮想投資ゲーム

◆プログラム内容
1吉水の女将さんによる講演
「想いをカタチにする大切なコト、世界を変えるチョットのコト(仮)」

2 地域を変える社会起業家の活動発表とブース巡り
・ オフィスブルーバード  ~「病気と生きる」を楽しくできる社会に!~
・有限会社KYOTOいろや  ~古きよき伝統を、現代のライフスタイルに!~
・京都学生会議所  ~京都の学生と社会人の交差点になる!~
・スマイルスタイル ~遊びながらゴミひろい。誰もが楽しく街に関われる社会に!~
・NPO法人 場とつながりラボhome’s vi ~「つながり」づくりで、京都を活性化!~
・六館堂 ~六感再生空間を目指して!~

3 参加者による仮想投資ゲーム
仮に「あなたの手元に1000万円があったら、奮闘する彼ら彼女らのためにどのように使いますか?」
もうすぐ卒業式
うちの職場は、児童福祉施設であるが、学校でもある。
来週は、卒業式。ほとんどの中学3年生は、卒業式終了後、自分の家庭に戻る。
高校に進学する者、就職する者。それぞれの進路がある。
親と離れて、うちの施設で過ごした生徒たちが、ようやく自分の家に戻る日がやってきた。

卒業式は、3月18日。まもなくだ。
そして、今年度も終わりだ。また人事異動の季節がやってくる。
今年は、たぶん異動することはないと思う。
少なくとも、もう1年は、今の職場で、精一杯働き、仕事を離れた時間は、あちこちに出没して、やりたいことをやってみよう。
温泉と梅
20090309220011
20090309220009



8日の夜、京都SNSのネーミング会議があったので、しし鍋の帰りに、京都市内に出た。
時間があったので、船岡温泉で汗を流した。
くすり湯、ジェット風呂、あわ風呂、露天風呂など、楽しめるが、風呂屋自体が、年代物。
久しぶりに来たが、いい雰囲気だった。

歩いてすぐの、千本えんま堂にお参りした。桜の時期に、また来たいね。
まだ時間があるので、北野の天神さんに梅を見に行った。
あたたかい日和で、梅も綺麗に咲いていた。

それでも、お結び庵に早く着いてしまった。
しばらく、パソコンで遊んでいた。
隣の部屋では、学生サークルMOVEがミーティングをしていた。



裏しし鍋
今年2度目のしし鍋をやった。
名付けて、裏しし鍋。

何が、裏なのかというと、まずは味付けが違う。
いつも味付けをしているN井さんがいない。でも試行錯誤でおいしかったよ。

お酒は、石垣島土産の、オリオンビールと泡盛。(古酒は、僕の土産です)
極めつけ、しし肉は、Oさんが、近所のおじさんからもらった肉であった。
おかげで、経費はかなり安くあがった。

また、Oさんは、山や畑で採って来た、フキノトウ、ノビル、ワサビなどの山菜を持って来てくれて、てんぷらにしたり、カレイの一夜干しを買って来て、火鉢に自分が焼いて来た炭をおこして、焼いてくれた。

これだけ食べられて、楽しめて、会費は、せせらぎの家管理費500円を含めても、2,000円であった。

帰りに、いつも農園に寄って、ゴミの始末をしていたら、Sさんが現れた。
サケの稚魚を育てて、昨日、今日で、由良川に放流されたそうだ。
100匹放流しても、帰ってくるのは、1匹。
遠く旅をしてきて、自分の生まれた川に、ちゃんと帰ってくるサケは、すごいな。

お昼になるので、みんなで、綾部の懐估亭に行った。
日曜日は、そば粉で作ったクレープを出される、LiBap cafeの日。
初めて食べたが、おいしかった。3月で閉店となるのは、残念。
まだ2回しか来ていないのに。
食べ終わったら、お店の女性が、懐估亭の継続のための署名を持って来たので、みんなで署名した。ここで、解散。

次は、Oさんの畑でキャンプしよう。炭焼きしている現場も見たいし。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

綾部吉水のこと
6日の夜、祇園の吉水に行った。
ここへ行くのは2回目。
前回は、吉水の女将さんを囲んでの座談会だった。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1085532281&owner_id=931656

今回は、27日に綾部吉水を見学してきたメンバーによる報告会であった。

いつものように仕事終わりに、車で京都へ向かったが、京都縦貫道の沓掛の出口付近で、衝突事故があったみたいで、大渋滞。
結局、吉水に着いたのは、7時30分。開始から30分も遅刻したので、見学の報告は、ほとんど聞けなかった。
また、誰かがコミュニティで、報告してもらいたいな。

報告のあと、この施設でどういうことがしたいかなどを話していた。自分としては、上林の地域の人との交流が生まれて、地元の人たちが喜んでもらえるような施設になってほしいと思う。
若杉さんの野草料理を教わったり、周辺の里山歩き、間伐のお手伝い、畑や田んぼの作業ができたらいいですよね。

主催者からプログラムを提供するのではなく、泊まった人が自分で考えて、行動するという一日を過ごすというのもいい。

地元の方のメリットとなるように、地元の特産品を売るのもいい。
どんなものがあるんだろうな。きらり上林米は、おいしかったね。

綾部吉水、一回行ってみたいんだが。
15日に行こうと話が進んでいるが、その日は町内の行事があって無理なんだ。京町天満宮の春祭り。
終わってから行くという手があるな。夕方には着けるだろう。
日曜日、向こうで泊まって、朝帰って来ようか。

3/7 みたけ裏しし鍋開催します
三岳こころの里プロジェクト主催「裏しし鍋」
何が、裏なのか。それは参加して味わってください。
場所は、三岳せせらぎの家(空家となっている民家を借りています)
世代間交流と地域社会への貢献の実践の場として10年間続けています。毎回、新しい参加者が現れて、新鮮な出会いがあります。
夕方から準備を始めて、深夜まで語り合う空間。夜明けまで寝ない強者もいます。

詳しくは、私まで問い合わせください

夜久野でオフサイトミーティング

2月28日、京都府内自治体職員有志で作る「京都もやいなおしの会」と、舞鶴、福知山、綾部の市役所の職員が集まったミーティングがあった。
福知山市の夜久野高原温泉で1泊したのだが、午後3時から7時まで、普段職場では話せない仕事や職場での悩み、市民と自治体の協働などを話した。
この会場がまたいい。離れになっていて、貸切状態で会議ができる。
福知山市の方が、とっておきのアイテムを教えてくれた。

コーワ ライティングシート
ホワイトボードマーカーで書き消しができて、静電気でガラスや壁に貼れるんです。ぜひお使いください。
http://www.kowacorp.jp/media/writingsheet.html

夜は食事をしながら気楽に話を続け、泊まりの部屋に移っても、酒を飲みながらのネットワーク作り。みんな、熱い人ばかり。
気がつけば、2時30分過ぎだというので、寝ることに。
また、隣の布団の方々には、いびきで迷惑をかけたかも。
翌朝はすっきり目覚めて、朝食をいただき、青年塾の会場、京都市内のビルほーこーに向かった。

これまで、福知山を筆頭に、北部にはよく来ていたが、市役所の職員さんとはあまりつながりがなかった。
今回、かなり話し込んだ人もできたので、新たなことが始めればいいな。
福知山ローターアクトの次期会長というOくんとも知り合えた。
これは大きな成果だ。

7日のしし鍋の宣伝もしたので、だれか来てくれたらいいけどね。

青年塾2009よかったよ

3月1日、ゆめっと京都主催の青年塾2009を開催した。
京都で活動されている多種多様な若手NPO、任意団体、グループのメンバーが集まり、課題解決をともに模索しようというもの。
当日は、京都青年会議所、シアターワーク京都そらまめ、サンタクロースになろう会、きょうと京北バイオマスデザイン、不登校・ひきこもり等連絡会、ワーカーズコープ、人繋会(ひとつなかい)の6団体が参加。
ゲストは、深尾くん、太田くん、嘉村くんの3氏。
てつさんは、この3人を呼んだことが、よほどうれしかったよう。

参加者は当初計画よりは少なかったけど、3人の豪華ゲストによるファシリテーションもよかったし、趣旨に共鳴してこれだけの団体が集まってくれたことはよかったと思っている。

終わってから、ゲスト2名とスタッフで、お結び庵に移動して、打ち上げをしたが、そこでの話もおもしろかった。
前夜から飲んでいて、車で来た僕は、一人素面でおつきあいした。
お疲れさんでした。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。