でっかい世界の真ん中で
世界は丸くてでっかい。誰にとっても、自分がいる位置が、世界の中心だ
プロフィール

なかちょー

Author:なかちょー
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移転通知先リストつくる
ゆめっと事務所の移転通知を送付する相手先リストを木曜日までに作ることになっており、先ほどとりあえず作成して、役員会メーリングリストへ流した。あとは、他の役員に確認してもらうだけだ。
小西さんから、月曜日に開催した役員会の議事録がメールで届いた。今月は小西さんが議事録作成を担当してもらった。職場のアドレスに転送したので、明日休憩中に確認、修正したい。

スポンサーサイト
ゆめっと役員用務
自分から仕事を受けてやっているわけだが、出勤して始業前と、昼休みと、終業後に、ゆめっとの事務をしている。
昨日、ゆめっと役員会があったので、今日は朝から、役員会の速報を打って役員メールで流した。次に、会員団体あての役員派遣依頼の文書を作成し、統轄と総務委員長に送付。帰宅してから、ミクシィと青年塾ML(まだあるんです)に、ゆめっと事務所の移転のお知らせを流す。実は、かつての青年塾や幹事のカップが残っていることを広報して、必要な人は取りに来てほしいと思っている。

ゆめっと事務所が移転する
ゆめっと京都の事務所が移転します。(3月7日から業務開始)
〒602-8054
 京都市上京区出水通油小路東入丁子風呂町104番地2 京都府庁西別館内 3階
電話・FAX 075-414-2506

追伸
ウイングパルに置いてあったマイカップが、今のゆめっとルームにあります。
3月1日に、荷物の整理をしますが、残っているカップは処分します。

キャンプソングを歌う

今日は京都キャンプ協会の例会に出かけた。昨日からの雪で何とも寒い1日だ。もっこさん講師によるアイスブレークゲーム。アイスブレークの手法は、キャンプ以外にも使えるので参加した。今回は歌を使ったゲームの連続で、久しぶりにキャンプソングを歌った。

ゆめっとの打合せ
23日の午後、YMCAで、来週の役員会での協議内容について、打合せした。Tさんが仕事で来られず、Nさんと二人となった。内容は、役員選任の件、総会開催の件、19年度予算、実施報告、20年度の予算、事業計画など。
終わってから、Tさんの職場に見に行った。
夕方からKOKAが主催する開発途上国の子どもたちの現実を描いた「それでも生きる子供たちへ」という映画上映会に参加した。ひとまち交流館だったが、帰りは雪が舞ってかなり寒かった。亀岡に帰ったら、すっかり雪化粧していた。

暖かくなった

今日も春のような陽気。昼休みに園部川添いをジョギングした。のどかな景色だ。梅の便りが届く。しかし明日は一転、冬に戻るらしい。

ジョギングも少しだけ
ミクシーの日記は毎日書いていないが、アナログの日記は、今年の元旦から毎日書いている。小さな日記帳なので、たいしたことは書けないが、続いていることに自己満足している。

今週からジョギングを再開した。これまで、雪が降ったりして、寒い日が続いていたが、この何日かは、昼休みがぽかぽかして、春のような陽気だ。
園部のまちを、昼休みに、食事前20分から30分だけ走っている。
週末は、また寒くなりそうな予報だった。
帰る頃には、まだまだ暗くなっており、ジョギングするような風情ではない。春が待ち遠しいものだ。

災害ボラセン研修に参加
11日(祝)、こどもみらい館で開催された、京都府災害ボランティアセンター主催のボランティアセンター設置運用研修に初めて参加した。これまで参加する機会がなかった。今回は、京都府の非常時専任職員として、府の地域福祉室から参加案内があり、昨年まで消防室にいたこともあり、参加することにした。
進行は、マイミクの団長くんだったわけで、DIGとしては初級編といったレベルであった。参加者は、8つのグループに別れたが、自分のグループには、福知山のTさんが入っておられた。他のグループには、YMCAのNさんや、防災室のNくん、福知山のAさんなどがいた。
参加者は、予想していた以上に、DIGの経験や防災の知識がなかったようだったが、地域の特性を考えて、大雨のときに危険な箇所がどこなのかとか、避難すべき場所がどこかなどを真剣に議論していく中で、貴重な気付きができたのではないかと思う。また、断層型地震やプレート型地震の違いや、大規模災害の際には、支援部隊がいつ来れるかわからない話等、短時間でもりたくさんの研修であった。
自分としては、上級向けのDIGに参加したいと思ったので、アンケートにはそのように書いておいた。

研修が終わってから、府職員だけで、ハートピア地下のボランティアルームに集まり、非常時専任職員の役割、府災害ボランティアセンターについて説明を受けた。

三岳しし鍋終わりました
9日(土)、京丹後から車で帰って来て、亀岡駅で3名を乗せて、今度は福知山へ向かった。実はその前に、しし肉の手配の話があるのだ。
前日、中井さんから、しし肉の手配ができていないので、用意してほしいという連絡がきていた。そこへ舞鶴の坂根さんから、しし鍋に参加したいという電話があり、坂根さんにしし肉をお願いしていた。何とか手配できそうになったが、9日の昼前に、手配がむずかしくなったという電話が入った。
とりあえず、福知山に着いてから、店を当たろうと考えた。福知山駅で、渕上くんと清吉くんと合流し、西山ストアーに買い出しにいった。みんなに買いものをしてもらっている間に、牧から少し夜久野の方に走ったところにある、しし肉を扱っている浜という店に肉を予約する。今回は、3キロで21,000円也。参加者は15名であった。
肉も入手できたので、せせらぎの家に向かう。土間に薪を積んで火をおこす。三脚に鍋をかける。肉の固まりは、肉切り機でスライスし、ゆがいてから、鍋に入れる。

昨年は、三岳には、ひょうたん祭り以降集まれていない。誰かがイベントを企画して、呼びかけてくれるのを待っていたと、今後はもっと積極的に集まってほしいと、世話役の中井ちゃんの話。
富家さんと栗林さんが、次はホタルツアーを企画することで相談。障子の張り替えも予定したい。長瀬さんから、またタイツアーの話があったが、まだ日程が流動的。最初話していた日は、小学校の卒業式と重なっているようだった。

10日(日)、いつものようにゆっくりと目覚めて、朝食をとる。
帰りに農園に寄る。昼前に着いた。今回、農園内にある果樹のオーナーを募集された。年間千円を払って、木のオーナーとなり、草刈り、消毒、剪定、袋かけなどの手入れをしたら、収穫できるというもの。僕は桃の木のオーナーとなった。収穫が楽しみである。
午後2時から京都海外協力協会の交流会があるそうで、坂根さんから僕が参加することになっていると言われて、まあ時間もあるので参加することにした。正午に農園を出発、途中やまがたやで休憩し、京都市内へ。ひとまち交流館に着いたが、時間は3時からだったので、肇さん、坂根さんと喫茶コーナーで待つ。今日は、3月のイベントで掲示するパネルに使用する写真を選んだ。6時から和室で京都海外協力協会の今後の活動について話をした。会員でもないのに、一緒に話をさせてもらった。結局、最後まで残って、帰宅してのは21時だった。

丹後、中丹に行ってきた

8日から行ったが、南丹市を出発し、京丹波町から雪が降り始め、国道27号はかなり積雪があった。綾部市内のあやべボランティア総合センターに到着。京都市内からバスでやってきたツアーメンバーと合流した。このセンターは、綾部市と綾部市社会福祉協議会とが共同で設置しているもので、ボランティア団体やNPOの活動拠点となっている。もともと信用金庫の支店だった建物を寄付を受けて改装したもの。
綾部から舞鶴に入ると、すっかり雪国。こんなに降ったのはひさしぶりだと、舞鶴の人が話していた。東舞鶴で赤れんがでまちづくりを進めてきた団体から、話を聞く。
東舞鶴から宮津までは高速道路で移動。この間も雪が舞っている。
与謝野町役場のそばで、てんぷら油を回収し、バイオマス燃料として再生している団体のリーダーから話を聞く。
泊まったのは、宮津の北の先にある、府立海と星の見える公園。指定管理者は地球デザインスクール。ログハウスのようなロッジに泊まった。夕食後、交流会で、参加されたNPOといろいろ話をした。
9日は京丹後市の大宮町まで行ったが、雪はたいしたことなかった。
勤労者福祉会館の中に、京都府の丹後NPOパートナーシップセンターを見学。週に2回、事務局スタッフが常駐。普段は無人となるが、NPOは会議スペースを利用できる。事務機機も中古だが揃っており、うつわができたが、中身はこれからだとういう。パートナーシップセンターをもっと活用したいという意見を持たれている方がおられたので、これからに期待する。
午後1時30分に亀岡駅で約束していたので、ここでツアーのバスにお別れし、約2時間で亀岡に帰ったが、この日は南部が大雪で、亀岡も少し積もってた。

中丹・丹後地方は、青少年活動が見えてこない。舞鶴には、まち遊びフェスティバル実行委員会があるが、宮津や京丹後では、目立ったグループがいない。NPO法人も各地で設立されているが、熟年世代がメインとなっておね、後継者が不足していると聞いた。
このツアー中、青少年が地域を元気にするような動きを起こせないかを考えていた。府は地域力再生を重点課題として取り組んでおり,ゆめっと京都としても、「地域力再生は若い力で」を合い言葉にして、地域社会への貢献を進めていくべきなのである。今回自分の足で、(実際はマイカーであるが)、北部を回ったが、もっと地域に出ていくべきであると痛感した。
京都市内だけで議論しても、地域の青少年活動は活性化しないのである。
また、府や市町村の職員による地域活動への参加もまだまだ進んでいない。
今回のツアーも府職員に広報されていたが、行政からの参加は少なかった。
府や地元市町村職員や地域の青年が参加できるような企画を立てて、青少年による地域活性化事業として実施してはどうか。
北部の広域振興局の職員とそんな話をしていました。

人権研修のため
午後から府職員の研修センターに来ている。電車で京都市内に出ようかと考えていたが、午前中の仕事の都合で、自家用車で来た。
9日は府のNPO協働セミナーに参加して、中丹と丹後のNPOと交流してくる。一泊二日で、丹後星と海の見える公園に宿泊。10日はセミナーの途中で失礼して、三岳のしし鍋に。
11日は、災害ボランティアセンターの設置運用研修に、府の非常時専任職員として参加。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。